換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

「ハム1枚15万円」の「培養肉」、安全性確認へ厚生省が年度内に研究班…将来の産業化に備え【換金くん琴似店ブログ】

“読売新聞オンライン
 家畜の生きた細胞を培養して本物に近い肉質にした「培養肉」について、厚生労働省は規制の是非を検討するため、専門家の研究班を年度内に設置する方針を固めた。培養肉は人口増加による食料危機への対応策として注目を集めている。同省は、培養工程などに健康に悪影響を与えるリスクがないか洗い出すことで、将来の産業化に備えたい考えだ。

 培養肉は清潔な室内で肉の細胞を培養して増やし、結合させた食品だ。世界的な食肉需要の増加によるたんぱく源不足を解決する手段として期待されている。量産化には「ハム1枚15万円」とも言われるコストを大幅に下げる必要がある。大豆などの植物由来の原料を使った「代替肉」とは異なる。

 国内で流通する食肉は、食品衛生法で製造や加工、販売する方法を定めている。厚労省は「培養肉は同法の食肉の分類には当たらない」との認識で、メーカーなどが守るルールが不明確な状態だ。研究班は培養時に有害物質の混入が起きる可能性や、起きた場合の影響などの知見を集める。同省は研究班の報告を受け、海外の規制のあり方なども踏まえた上、必要に応じて専門家らで作る審議会で安全性を確保する方法を議論する。

 米国では米食品医薬品局(FDA)と農務省が培養肉を所管することが2019年に決まり、規制の枠組み作りが進められている。シンガポールは20年、米国企業が開発した培養鶏肉の販売を許可した。

 国内では日清食品ホールディングス(東京)と東京大のチームが牛由来の培養肉を開発中で、今年、日本初の「食べられる」培養肉の作製に成功した。チームは25年までに「厚さ2センチ、重さ100グラム」の培養肉を作り、その後の量産を目指す。企業や大学で作る「細胞農業研究会」も品質管理基準などの提言を作成中だ。”


「ハム1枚15万円」の「培養肉」、安全性確認へ厚生省が年度内に研究班…将来の産業化に備え



安全に低コストで大量流通できたら食糧問題も解決できるでしょうけど実用化はまだ先ですかね・・・

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月3日〜5月5日
    ・8月13日〜8月15日
    ・2021年12月31日〜2022年1月3日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月3日〜5月5日
    ・8月13日〜8月15日
    ・2021年12月31日〜2022年1月3日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る