換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

「ダメだ返品だ」書店も出版社も悲しい事態…コロナの困り事ツイートに「知らなかった」「気をつけよう」【換金くん札幌本店ブログ】

「コロナ禍での困りごと ホントに多いです」。書店員が「あるある」をつぶやいたツイートが「気をつけよう」と反響を呼んでいます。それは、雑誌がくっついてしまう〝ある原因〟です。投稿した佐久間薫さん(@sasakumako)に話を聞きました。
書店で働いて20年ほどという佐久間さんは、13年前に雑誌デビューを果たして漫画家としても活動しています。
今回は、入り口にアルコール消毒液を設置し始めたばかりの頃のことを、実話をベースに創作を加えて描き、ツイッターにアップしました。
マンガでは陳列棚を整理していた書店員の女性が、くっついている雑誌があることに気づきます。
「くっついちゃってます」と相談すると、先輩書店員は「あ~これ、消毒液が乾かないうちに触るとこうなるんだよな。ダメだ返品だ」と落胆するのです。
ツイートには1万以上の「いいね」が集まり、「知らなかった」「気をつけよう」といった反響が寄せられています。
「消毒液の置いてある出入り口付近にあるからか、くっつく本は雑誌が多いですね。置いたばかりの頃は、今よりも頻繁にあったような気がします」と振り返る佐久間さん。

くっついた本は、はがしても破れてしまって売れません。本は書店での委託売買制度のため、出版社に経緯を説明して、返品の了解がとれたら返す仕組みになっているそうです。
「人気の雑誌の場合は売り逃してしまいますし、もちろん返品の手間もあって、書店も出版社も悲しい事態になります」と指摘します。
「単行本であればカバーだけ取り寄せて付け替える方法もありますが、それも出版社のコストがかかっていますからね……」
お客さんとしてできることは、ちゃんと乾くまで商品をさわらないこと。SNSにも「ぬれた手でさわる人がいるんだ」という驚きや、「本屋さん以外にも被害がありそう」といったコメントが寄せられていました。


「ダメだ返品だ」書店も出版社も悲しい事態…コロナの困り事ツイートに「知らなかった」「気をつけよう」
単純に紙に液体つければ最低でもゴワつき出ます。返品了解とるのも電話やFAX対応なので面倒なんですよ・・・。

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月3日〜5月5日
    ・8月13日〜8月15日
    ・2021年12月31日〜2022年1月3日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月3日〜5月5日
    ・8月13日〜8月15日
    ・2021年12月31日〜2022年1月3日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る