換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

Steamゲームフェスがふたたび開幕し、インディー&独立系PCゲームの体験版が公開中【換金くん琴似店ブログ】

 PCゲーム販売プラットフォームのSteamで、独立系スタジオやインディーによるタイトルの体験版などが公開される“Steamゲームフェスティバル”が再び開催中。期間は日本時間の2月10日午前3時まで。
 まず大きめのタイトルでは、バンダイナムコがパブリッシング予定のホラーゲーム『リトルナイトメア2』。本作の体験版が公開されるのはこれが初めてではないのだが、2月11日に発売予定の本作をこの機会にあらためてチェックしておくのは悪くないだろう。
 発売直前のちょっと大きめのタイトルとしては、インティ・クリエイツの『ぎゃる☆がん りたーんず』も体験版が公開されているタイトルのひとつ。Switch版が発売中で、PC版は2月12日に配信予定となっている。
 DotEmuの『Windjammers 2』は、昔データイーストから出たスポーツアクションゲーム『フライングパワーディスク』の続編。こちらも体験版公開は初ではないが、独特な早いテンポ感で展開される試合はハマる人にはめちゃくちゃハマるので、未プレイの人はぜひ試してみて欲しい。
 『Chicory: A Colorful Tale』は、魔法の絵筆を持った犬を主人公にしたパズルアドベンチャーゲーム。対応言語は英語のみだが、絵筆を使って描くことで道を切り開いていくパズル要素や、ほんわかした雰囲気やサウンドの評価は海外のインディー界隈でも高い。体験版は公開されていないものの、開発者によるプレイ映像が配信されているのでチェックしてみて欲しい。
 インディーパブリッシャーのTribute Gamesがパブリッシング予定の『Steel Assault』は、メガドライブやPCエンジンの頃の日本のアクションゲームからの影響をモロに感じるタイトル(主人公の名前もタロー・タカハシ)。
 なお、同パブリッシャーは昨年同じようなレトロテイストのアクションゲーム『パンツァーパラディン』を日本語対応でリリースしているのだが、本作でも日本語ローカライズをしてくれる。
 日本と縁のある海外スタジオ製ゲームと言えば、Team 17の『Narita Boy』も注目。日本在住経験もあるコンセプトアーティストEduardo Fornieles氏が設立したStudio Kobaによる本作は、80年代テイストと『スキタイのムスメ』的な抽象的な世界観が融合した、センスがバリバリ効いている作品。本作も日本語対応予定となっている。


Steamゲームフェスがふたたび開幕し、インディー&独立系PCゲームの体験版が公開中
中古が高騰している「コロぱた」復刻間近など、Steamは国内外問わず盛り上がってます。

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月1日〜5月5日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月3日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月1日〜5月5日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月3日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る