換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

「町民全員スマホ持ち」へ 大分県玖珠町、デジタル化推進の挑戦【換金くん琴似店ブログ】

 大分県玖珠町が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「新しい生活様式」に対応し、町内に進出したIT企業と連携してデジタル技術を駆使した新しいまちづくりに乗り出した。役場側からだけでなく学校や地域コミュニティー、民間事業者もネット上に動画などを情報発信できるシステムを本年度中に開発。将来的には災害時の円滑な避難誘導やタクシーなどのデマンド(予約)交通、遠隔地からの高齢者の見守りなどに活用し、町民の暮らしの利便性向上を図る狙いだ。
 町と連携するのはITコンサルタント会社「ティーアンドエス」(東京)。9月10日にデジタル化推進に関する協定を締結した。
 計画では、役場各課のほか自治会や教育関係者、各種団体などが、それぞれが発信したい情報を動画で収録できるスペースを町内に整備。スマートフォンの専用アプリで誰でも見られるようにする。アプリはテレビ会議としても利用できる。
 町は「町民全員スマートフォン所持」の目標も掲げており、3密(密閉、密集、密接)回避の上で、さまざまな情報を誰もが簡単に共有できる仕組みを構築する予定。町デジタル化推進班の穴井久徳主幹は「手元のスマホでいつでも情報にアクセスできれば、町民に浸透しやすい。動画であれば文字だけより伝わりやすい」とメリットを語る。
 町内全域には光回線が既に整備されており、高齢者のスマホやパソコンの取得を促進するため、購入費の補助制度も新設。高齢者の集会に出向くなどして使い方教室も積極的に開く。
 さらに、観光客を誘致するコンテンツ開発や地域通貨などの新産業創出による人材流入や企業誘致も促す。ネットを介した新しいコミュニティーが生まれる可能性もある。
 ティーアンドエスの稲葉孝政会長は同町出身で、2019年2月に玖珠支店を開設。当初は社員3人だったが、現在は地元採用も含め社員14人(パート5人を含む)に増やしている。宿利政和町長は「町政に町民が共感してもらうには情報共有が欠かせない。コロナ禍での地方創生に挑戦していきたい」と話す。


「町民全員スマホ持ち」へ 大分県玖珠町、デジタル化推進の挑戦
うまく機能すれば全国に広がりそうな計画ですね!

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る