換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

プロ野球 無症状の陽性者への対応に課題【換金くん札幌本店ブログ】

巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性を示したことが3日、判明した。同日午後に予定されていた西武との練習試合を急遽中止するなど、球団や日本野球機構(NPB)は対応に追われた。2人は新型コロナの遺伝子量が微量などとして、今後PCR検査で陰性が確認でき次第早期にチームへの合流を目指す方針だが、陽性者への対応では課題を残した。

 巨人の坂本ら2選手の新型コロナウイルス感染を受け、オンラインで取材に応じたNPBの井原敦事務局長は「開幕には影響はないと現時点では考えている」と述べた。4日以降の練習試合の日程も現時点では変更予定はないという。

 しかし、今回の選手の感染発覚で、開幕までに早急に議論しなければならない課題が浮き彫りになった。

 一つは、感染者が出た場合の公式戦の続行可否の判断だ。Jリーグと連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の感染症に詳しい専門家チームによる提言では、感染者が出た場合でも濃厚接触者を自宅待機させた上で「チームは予定通りに練習、試合をする」とある。

 NPBはシーズン中に同様のケースが起きた場合の対応を8日の実行委員会で協議する予定で、井原事務局長は「開幕までには決めたい」としている。

 坂本、大城のような無症状の陽性者への対応にも課題が残る。今回のケースでは、専門家からは「他人に感染させるリスクは高くないと推察される」との見解を得たが、結果として2人がウイルスを持ったまま2日の練習試合に臨んだ事実は軽視できず、ルールの整備は不可欠だ。

 NPBが作成中のガイドラインでは、PCR検査で陽性となった場合、陰性確認後も14日間の自宅待機をする案が検討されている。2選手の陰性が確認され次第、チーム合流を想定する巨人の対応については踏み込んだ議論が必要だろう。

 井原事務局長は「ガイドラインは発症に伴うPCR検査。今回は不顕性感染(無症状)なので別」としており、両選手とも陰性が確認できればチームに合流できるという。

 とはいえ、感染リスクの懸念が少しでも残る場合、慎重な判断が求められる。


プロ野球 無症状の陽性者への対応に課題



きちんとした対応をしないととんでもない事になると思います!

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る