換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

北海道七飯町「王様しいたけ」有機JAS認証取得 道内初【換金くん琴似店ブログ】

 七飯町鶴野でブランドシイタケ「王様しいたけ」を栽培・販売する福田農園(福田将仁社長)は、生シイタケと乾燥シイタケの両方で有機JAS認証を取得した。道林業木材課は「道内のきのこ生産者で取得者は確認できていない」とし、きのこで有機JASを取得したのは同社が道内で初めてとみられる。地元に安全・安心な商品を提供し、海外への販路拡大の弾みとしたい考えだ。

 有機JASは、国の定めるJAS規格に適合した生産を行う農産物と加工品にマークを貼ることができる。農薬や化学肥料を使わず、登録認証機関の審査に合格する必要がある。同社は準備から認証取得まで2年を要し、4月20日に取得した。
 同社は、食の安心・安全を保証する、きのこ生産者に対する基準「国産安心きのこ認証」を取得していたが、有機JAS認証を受けたため、取り下げた。福田社長(47)は「有機JASの方が認知度が高く、王様しいたけを海外に売り込むために必要な基準」と強調する。また、王様しいたけは七飯町内の学校給食にも使われており、国のお墨付きで安心して食べられると判断した。
 肉厚で大きい王様しいたけは年間50トン(生シイ)を生産。種を植えてから収穫まで半年掛かり、通年で出荷している。もともと種菌や菌床に使う栄養体、おがくずもオーガニックを使っており、今回の認証取得で栽培管理に変更はない。シンガポールのレストラン1軒に輸出しているほか、今後は同国内のスーパーで一般消費者にも提供できる予定。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売り上げの7割を占めるレストラン、道の駅、物産展での需要が大きく落ち込んだ。売り上げは3月が前年比30%減、4月が同50%減と打撃を受けている。
 福田社長はコロナ禍終息後をにらみ、有機JAS認定を機に販売を強化する考え。東京のオーガニック専門店や地元のコープさっぽろに販路を広げ、需要の高い韓国や欧州への輸出拡大を視野に入れる。
 6月には、JASマークを貼って商品展開ができる見込み。日本全体の農産物に占める有機の割合は、わずか0・2%と有機農業は広がっておらず、福田社長は「消費者ニーズに合わせ有機を広げていきたい」と意気込んでいる。


北海道七飯町「王様しいたけ」有機JAS認証取得 道内初
「食」で盛り上がれ北海道!

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・土日祝日定休
    ・5月2日〜5月6日
    ・8月8日〜8月12日
    ・2020年12月31日〜2021年1月5日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る