換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

故郷・静岡を愛したさくらさん 清水次郎長ファン…ペンネームは落語家屋号から【換金くん清田区北野店ブログ】

“◇さくらももこさん死去

 「ちびまる子ちゃん」は日常の会話劇に面白さがある。それはさくらさんのキャラクターそのものだった。落語好きで、若い頃から笑いのセンスにあふれ、OL時代には花見で一席演じることもあった。作品が認められず落語家を志したこともあったほどで、「さくらももこ」のペンネームも亭号から思いついたものだ。

【写真】静岡市内にお目見えする、さくらももこさんデザインの「ちびまる子ちゃん」マンホール

 さくらさん自身も「描きながら噴き出すこともあった」というように、楽しみながら机に向かい続けた。デビュー当時を知る編集者も「文章でも笑いが取れるくらい面白いことを書く方だった」と評した。

 よく話し、よく笑う。インド哲学にも精通しており、雑学にも詳しいなど引き出しも多かった。作品のアイデアはお風呂に入ったり、食事中など普段の生活から生まれた。まる子ちゃんの会話は無理せずシンプルに。それも日常にある面白さを追求したものだった。

 95年にさくらさんが作詞し、渡辺満里奈(47)が歌った、ちびまる子ちゃんのオープニングテーマ「うれしい予感」を手掛けたプロデューサー・川原伸司氏は「さくらさんはまる子ちゃんのキャラそのまま。天然でどこか鋭い。ユーモアにあふれた人で、仕事をして凄く楽しかった」と振り返った。

 さくらさんは“幕末・明治の侠客(きょうかく)”清水次郎長のファンでもあった。昭和時代の名浪曲師・広沢虎造さんの浪曲「清水の次郎長」を愛聴していた。2000年には企画、取材、執筆、漫画、イラストを1人で手掛けた雑誌「富士山」を出版。観光巡りを紹介したのも“地元愛”からだ。13年には、静岡の地名や名物を盛り込んだ「まるちゃんの静岡音頭」も作詞している。

 自身を投影したまる子ちゃんと、多感な時期を過ごした静岡にたっぷり愛情を注ぎ続けたさくらさん。最後までぶれることなく、どこの家庭にもある笑いを届け続けた。”


故郷・静岡を愛したさくらさん 清水次郎長ファン…ペンネームは落語家屋号から



とうとう原作者まで・・・若かったのに残念です

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に 復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

《札幌本店移転のお知らせ》
2018/10/15から札幌本店の場所が移転しました。
詳しくは店舗案内をご確認ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西2丁目11番地5札幌NSビル9階北側

    1Fに餃子の王将さんが入っているビルの9階です。

    札幌本店は2018/10/15に札幌NSビル9階に移転しましたのでご注意ください。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・日曜定休
    ・5月3日〜5月6日
    ・8月11日〜8月15日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・日曜定休
    ・5月3日〜5月6日
    ・8月11日〜8月15日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る