換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

外国産マグロが売り場独占=品薄の国産横目に―築地市場【換金くん清田区北野店ブログ】

“漁獲規制で水揚げが減っている青森・大間産などの近海クロマグロの穴を埋めるように、外国産マグロが東京・築地市場(中央区)に大量入荷している。

 生マグロ売り場が外国産でほぼ占められる日があったほか、高級すし店向けなどで高値が付くことも多く、今や取引の主役に躍進。市場関係者からも「過去に経験がない状況」と驚きの声が上がっている。

 特に増えているのがオーストラリアやニュージーランド産の生ミナミマグロ。同市場の7月の入荷量は、27日時点で前年に比べ約1.5倍の3780匹と近年では最も多い。現地は冬のため「身が締まって脂が乗り、空輸のため鮮度も良い」(卸会社)と高評価。豊富な入荷を受けて、7月下旬の卸値は、1キロ当たり2000円前後と大衆マグロのメバチ並みに安く、人気を集めている。

 津軽海峡産と同じ、200キロ以上の大型が多い米国・ボストン産も7月は約180匹と豊漁だった前年並みの潤沢入荷。大間産などの代替品として注目され、今年は上級品が1匹200万~300万円と大間産に匹敵する高値が付いている。競り落とした仲卸業者は「国産の上級品を希望する顧客は多いが、ここまで少ないと、産地ばかりにこだわっていられない」と話す。

 津軽海峡産マグロの水揚げは例年、6~7月に始まり、豊漁だった2013年は7月だけで460匹が築地市場に入荷していた。しかし、今年からは資源保護のため漁獲がさらに厳しく規制され、7月の同市場の入荷量は27日時点で37匹と過去10年で最も少ない。

 厳格な漁獲上限が設定された大間漁業協同組合の各船は「需要期の年末用に漁獲枠を残すため、出漁を見合わせるケースが多い」(大間漁協関係者)という。都内の高級すし店など、ブランド魚の大間マグロを待ち望む声も多いが、しばらくは低調な水揚げが続く見通し。操業が本格化する秋までは、資源が豊富な外国産に頼らざるを得ない状況だ。”


外国産マグロが売り場独占=品薄の国産横目に―築地市場



魚も野菜も食べないからよくわからいですけど、食べる人にとっては問題なんでしょうねwww

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に 復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。
本日9/10(月)より、全店舗通常営業を再開しました。ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

2018年より琴似店、北野店は毎週日曜日を定休日とさせていただき、
ゴールデンウィーク・お盆は下記の通り店休日とさせていただきます。
・5月3日(木)~5月6日(日)
・8月11日(土)~8月15日(水)
尚、札幌本店は年中無休で営業しておりますので、お問い合わせ等は札幌本店までお願いいたします。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・年中無休


    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・日曜定休
    ・5月3日〜5月6日
    ・8月11日〜8月15日
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    店休日
    ・日曜定休
    ・5月3日〜5月6日
    ・8月11日〜8月15日
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る