換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

2017年のインフル予防接種は「例年より痛い」「ここ数年で最悪の出来栄え」とボジョレー風評価が話題に 厚労省らに本当なのか聞いた【換金くん清田区北野店ブログ】

今年もやってきた、インフルエンザ予防接種の季節。ネット上では「今年の注射は例年よりも痛い」という情報が広まっています。気が重くなる話ではありますが、これは本当なのでしょうか。厚労省などに取材してみました。
先日、「(今年のインフルエンザワクチンは)今までで一番痛い」「2017年物はここ数年で最悪の出来栄え」とするツイートが現れ、ネット上で話題に。「ここ数年で一番出来が良い」「2009年と同等の出来」などのフレーズで知られる「ボジョレ・ヌーボー」のコピペになぞらえて、注射の痛みを表現したものと思われます。

 この投稿に「今回の痛さは半端ない」「たしかに注入が激痛でしたね」と共感の声が続出。原因として挙げられているのはワクチンの成分の違いで、痛みが出やすいものが使用されているのではないか、と考えられているようです。Twitter上では「例年よりも痛いのか……」などと怖がってしまう人も。

 しかし、インフルエンザワクチンの種類によって、注射の痛さが変わることはあるのでしょうか。厚労省の予防接種室、大手製薬会社、日本ワクチン産業協会に話を伺ったところ、いずれも「聞いたことがない」と回答。まったく耳にしたことがないうわさに、驚いているようでした。

 そもそも注射の痛さは体調や精神状態、打つ人の技量といったさまざまな要因で変化するもの。例えば、子どもに注射を打つ際、医師が雑談をするのには、緊張をほぐして痛みを感じにくくする効果があるといいます。また、痛みの感じ方自体も人によって異なり、「今年は痛い」と個人差、状況の違いを無視した説明は難しいようです。

 ちなみに、日本ワクチン産業協会によると「使用する注射針が変わったという情報はない」とのこと。だから、今年の痛さは例年通りのはず……と断言できるわけではありませんが、インフルエンザ予防接種を受ける方は、病気でもっと大変な思いをしないために必要なこと、と割り切った方が良さそうです。

2017年のインフル予防接種は「例年より痛い」「ここ数年で最悪の出来栄え」とボジョレー風評価が話題に 厚労省らに本当なのか聞いた
全く痛くなかったですがね、、、

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る