換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

銀杏の食べ過ぎに注意!死亡例も【換金くん札幌本店ブログ】

秋の味覚・銀杏(ぎんなん)がおいしい季節。しかし、食べ過ぎには注意が必要だ。

 北品川藤クリニック・石原藤樹院長によると「銀杏を食べすぎると死亡することも」あるという。

 実は、過去に銀杏の食べ過ぎによる死亡例が2件報告されていた。では、食べ過ぎると一体どんな症状が出るのだろうか?

 石原院長「頭痛や吐き気、嘔吐(おうと)、けいれん」「ビタミンB6が欠乏したのと同じ状態になる」

 マグロやにんにく、鶏のささみなどに多く含まれるビタミンB6は脳に信号を送る神経伝達物質を製造したり、脳の興奮を抑えたりする働きがあるのだが、なぜ銀杏を食べすぎると欠乏するのだろうか。

 石原院長「銀杏に含まれている成分にビタミンB6に非常に似た成分があって、体がビタミンB6と間違えてしまう」

 つまり銀杏にあるビタミンB6の偽物を脳が本物だと勘違いして取り込むが、本来の働きを一切しないため、結果的にビタミンB6が欠乏し体に異常をきたすという。

 石原院長「脳の興奮が止められなくなる。そのひとつとして、けいれんが起こる」

 元来、高血圧予防や疲労回復にも効果があるといわれる銀杏。では一体、何個以上食べたら中毒になるのだろうか。

 石原院長「お子さんの場合、一番少ない例で7個で中毒になったという報告があります」

 中毒時に食べた個数は小児で7個から150個。成人では40個から300個とかなりの個人差があるが、これは日常のビタミンB6摂取量の違いが関係しているといわれている。

 とにかく、銀杏を食べて“吐き気”や“めまい”等を感じたら、まずは病院に行くことが大切だ。

銀杏の食べ過ぎに注意!死亡例も

小さいからついつい食べ過ぎちゃいますが死亡例まであるのは恐いですね。

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る