換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

マラウイ吸血鬼騒動、7人目の犠牲者 国連職員も一時退避【換金くん札幌本店ブログ】

“【AFP=時事】マラウイのアーサー・ピーター・ムタリカ(Arthur Peter Mutharika)大統領は10日、吸血鬼と疑われた人々が相次いで自警団員らによって殺害されている事件について、徹底的な捜査を行うと言明した。事件を受けて、国連(UN)は吸血鬼騒動が起きている地域から職員を一時的に引き上げさせている。

 9月半ば以降、呪術の儀式の一環として人間の血液を手に入れて飲もうとしたと疑われた人々が自警団によって7人殺害されている。

 吸血鬼のうわさはマラウイ南部で広まっており、当局は夜間外出禁止令を出すことを余儀なくされ、市民の外出を午前7時から午後5時に制限している。

 国連職員は標的となっていないが、吸血鬼騒動が起きている地域で働く全職員を引き上げさせ、90キロ離れた経済の中心地ブランタイヤ(Blantyre)に一時的に「移る」よう指示した。

 人の生き血をすする吸血鬼のうわさで持ちきりになっているのはマラウイ南部の4つの地域だが、殺害事件が相次いでいるのはモザンビークとの国境に近いムランジェ(Mulanje)だ。

 警察によると、ムタリカ大統領の地元チョロ(Thyolo)で9日、怒った群衆に男性1人が殺害される事件が発生し、7人目の犠牲者となった。

 地元警察のロイド・マイダ(Lloyd Maida)報道官によると、7人目の犠牲者となった知的障害の男性は夜間に村を徘徊(はいかい)しているところを自警団に見つかり、精神的な病を抱えているふりをしていると疑われてリンチされた。

 魔術が広く信仰され、教育水準の低いマラウイでは、「吸血鬼」のうわさが定期的に持ち上がっている。

 在マラウイ米大使館は、ムランジェ周辺地域から米平和部隊(ピースコープ、Peace Corps)を一時的に引き上げさせ、米国民に吸血鬼騒動が起きている地域を訪れないよう呼び掛けている。
【翻訳編集】AFPBB News”


マラウイ吸血鬼騒動、7人目の犠牲者 国連職員も一時退避



21世紀になってもいまだにこんな事が・・・

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る