換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

「PPAP」を商標出願した男性 フジテレビの直撃取材に「正当な競争」と主張【換金くん琴似店ブログ】

「換金くん」は中央区、西区、清田区3ヶ所で店舗営業中の換金屋です。
ご利用の際も身分証の確認だけ!!!
1度お近くの店舗にご相談下さい。

“26日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、「PPAP」を商標出願した男性を直撃取材した。

番組では、「PPAP」「ペンパイナップルアップルペン」などを登録した男性を取材した。男性は最初に1時間5万円の取材料を要求するが、番組が拒否すると「短時間なら」と取材に応じたとのこと。

男性は元弁理士で、現在は弁理士資格ゼミナールの講師をしていると語ったそうだ。毎日、テレビや新聞をチェックし、そこで選んだ言葉を特許庁に出願しているという。1日50件ほど出願することもあるとか。去年の出願数は、男性と男性の会社の出願件数だけで、日本全体の約1割を占ているとも明かす。

ピコ太郎やCDの発売元のエイベックスとは「今のところは関係はありません」という。そして「文字」がメディアに出ると「社会の共有財産」になり、誰のものという概念はなくなると主張。また商標には人のものを盗む「冒認」という概念がないことも指摘した。

商標登録は出願から審査までに半年かかり、そこから登録までに半年から1年かかるとされている。最低1万2000円という出願手数料は審査開始の時点で必要となり、審査開始時に支払わなければ出願が取り消されるのだそうだ。

男性は出願から審査開始までの半年の間に、商標や使用権を他社と交渉しているという。その商標の売買と使用権の許諾で利益を得ることをビジネスモデルにしているとし、男性は「正当な競争」を行っていると主張していた。

VTR明け、MCの小倉智昭氏はピコ太郎に対して「変な問題が出てきてしまって」と同情気味にコメント。一方で男性に対しては「元弁理士ですよね。要は(商標)出願に関するすべてのことを把握してるから。その盲点をつく感じ」だといい、元弁理士ならではの活動だと指摘していた。”

午後のTVでもインタビューを受けていましたが、自身のあふれるコメントぶりでした・・・競争して勝てる見込みが有るんでしょうかね・・・


「PPAP」を商標出願した男性 フジテレビの直撃取材に「正当な競争」と主張



札幌の換金屋と言えば「換金くん」!!!
即日高価現金買取ですので急な出費でお悩みの方にも安心です。

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る