換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

稀勢の里は、なぜ30歳で19年ぶりの日本人横綱になれたのか?【換金くん札幌本店ブログ】

札幌で金券・貴金属・ブランド品の換金屋をお探しなら
「換金くん」にお任せ。皆様のご来店お待ちしております。

待望の19年ぶりの日本人横綱が誕生する。
 大相撲の横綱審議委員会(横審)が23日、両国国技館で召集され、1月場所を14勝1敗で初優勝した大関・稀勢の里(30、田子ノ浦部屋)の横綱推薦が満場一致で決まった。
 横綱推薦の条件についての内規は「大関での2連続優勝を原則とする」とあるが、「これに準ずる好成績を挙げた力士を推薦する場合は、出席委員の3分の2以上の決議を必要とする」とも定められており、稀勢の里はこの内規にそって横綱に推薦されることになった。

 30歳と6か月。史上4番目の遅咲きの横綱は、いかに誕生したのか?

 今場所、稀勢の里のどこがどう成長したのか? という質問に相撲関係者の多くは「何も変わっていない」と答える。中学時代は茨城の常総学院など野球の名門校に誘われたほどの運動神経の良さを誇ったが、相撲に関しては「不器用」「愚直」と表現される。
 鋭い左差しから右上手をとる、いわゆる左四つの形を得意としているが、一方、あまりにワンパターンで、しかも立合いで揺さぶられると対応できず、「脇が甘いから簡単に中へ入られる」「足幅が狭いので腰が高い」という弱点や課題をずっと指摘され続けてきた。

 その弱点が、今場所、大幅に解消されたかといえば、そうでもない。
 琴奨菊などは、差されないように脇を強く締めて稀勢の里対策を徹底してくるが、それに対して稀勢の里は、裏をかくことや、さらに上を行くような策を弄することもせず、ひたすら我が相撲道を突っ走る。
 
 今回、初優勝にもかかわらず、たった10分の審議で横綱が決定した理由のひとつに、昇進前6場所の成績が勝率8割2分と高かった安定性にあり、2016年は史上初めて一度も優勝がないまま年間最多勝を獲得した。その安定性を生み出す背景にあるのが、愚直なまでにぶれない、変わらない、という稀勢の里の相撲スタイルなのかもしれない。

 そして、そのスタイルを支えてきたのが、先代の鳴戸親方(元横綱・隆の里)が起こした鳴戸部屋での角界一と言われた厳しい稽古だ。先代の「稽古はうそをつかない」の信念のもと、まさに血と汗と土にまみれる猛稽古で、今の稀勢の里の土台がたたき上げられた。土俵上での稽古だけでなく、礼儀や格式に対する教えも厳しく精神面も同時に鍛えられた。
 
 その先代が2011年11月に急死して以降、部屋の稽古量は落ちたとも言われているが、25歳までに肉体に蓄えた“貯金”は減らない。30歳となり、肉体的には維持の期間に入り、常に故障の危険と背中合わせとなった稀勢の里にとっては、ちょうどその環境の変化が、15日の場所中のコンディションをキープするためにはマッチしたのかもしれなかった。
 過去5度もあった綱取りのチャンスをことごとく失ってきた。大事な一番でとりこぼしをするメンタルの弱さを指摘する声も多かった。鳴戸部屋時代は出稽古が禁止されていたが、昨年からは出稽古にも積極的に出るようにして(まだ足りないとの意見もあるが)メンタルの強化にも乗り出していた。

 稀勢の里を取り巻くライバルの力関係に変化が見え始めたことも追い風になった。そのひとつは、37回の優勝を誇る横綱・白鵬の不振だ。体調不良なども重なり、これで4場所続けて優勝から遠ざかっていて、今場所は4敗。2人の心技体を折れ線グラフにすれば、大きな成長もしていないが衰えもせず、ずっと変わらない稀勢の里が平行線を守っているのに対して、白鵬は緩やかに右肩下がりの線を描き、その交錯するところに、必然、チャンスが生まれたのである。

 そして今場所は、さらなる追い風が吹いた。苦手の日馬富士、鶴竜の両横綱が途中休場、大関の豪栄道も途中休場で星を落とす危険のあった強敵との勝負が運よく流れた。勝負の世界では運も実力と言うが、これまではそういう運も味方につけることができていなかった。

 ぶれずに、愚直に、あきらめず、良いも悪いも含めて、ずっと何も変わらぬスタイルを貫き、ついに運をも味方に引き込んだのである。信長、秀吉からの天下が転げ落ちてくるのを、智・力・財を暖め、戦力を整えながら、じっと待った徳川家康のようである。30歳9か月で横綱に昇進し「おしん横綱」と呼ばれた師匠の出世道にも、どこか重なる。弱点も含めて、変わらぬことがときには強さに変わる。

 第72代・横綱は25日の春場所番付編成会議と、理事会で正式に誕生することになる。   

優勝おめでとう!!そして横綱おめでとう!!
稀勢の里は、なぜ30歳で19年ぶりの日本人横綱になれたのか?
札幌で換金屋といえば「換金くん」
札幌市内3店舗の実店舗型。ご来店お待ちしております。

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る