換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

新種の毒ガエルを鳴き声で発見、ペルー 「換金くん清田区北野店ブログ」

札幌市で換金屋を利用するなら、断然換金率の良い換金くんで!

アマゾンの熱帯雨林にはまだまだ新種がいる可能性も
 南米ペルーのアマゾン源流域の奥深く、「マヌー生物圏保護区」の川辺で、研究者シャーリー・ジェニファー・セラーノ・ロハス氏が身をかがめる。熱帯雨林の音を録音しながら耳を澄ますと、聞き慣れないカエルの鳴き声が聞こえてきた。そう遠くはない。しかし、声の主を突き止めようと振り向いた瞬間、その声は消えた。
2013年の夏のことだった。ペルーのクレース財団の上級フィールド科学者であるセラーノ・ロハス氏は、この地域に生息する両生類について調査していた。これまでありとあらゆる鳴き声を聞いてきたが、あれだけは何の声かわからなかった。

 その日キャンプに戻ったあと、録音データを確認したアドバイザーのアンドリュー・ウィットワース氏も同意見だった。おそらく新種だ。

 その後、何度か同じ川を調査した結果、ついに声の主を採集することに成功した。2本のオレンジ色の線が入った黒い毒ガエルだ。さらに数年をかけて、遺伝子や進化の過程などの詳しい分析が行われた結果、このカエルはヤドクガエル科の新種であることが確認され、Ameerega shihuemoyと名付けられた。

 1月16日付けの動物分類学の学術誌「Zootaxa」誌には、このカエルの詳細が掲載されている。

毒ガエルの魅力
 アマゾンの先住民たちは、狩猟用のやりに毒を塗って使ってきた。毒として使う動植物はさまざまだが、そのひとつが毒をもつヤドクガエルの仲間だ。しかし、米イースト・カロライナ大学の進化生物学者カイル・サマーズ氏によれば、爬虫両生類学者たちがヤドクガエルに興味を示す理由は毒だけではない。

 たとえば、ヤドクガエルは驚くべき子育てをしている。多くのカエルのオスはメスが卵を産むと立ち去ってしまうが、ヤドクガエルのオスは産卵場所にとどまり、卵に水分が行きわたるよう、きちんと水に浸かっているか気を配る。卵が孵化すると、オスはオタマジャクシを小さな水たまりに移し、メスはさらに卵を産む。それは子供たちに食べさせるための卵だ。

 また、ヤドクガエルは派手だ。「目立つ色をしているのは、おそらく捕食者に対する警告でしょう。食べないほうがいいという意味なのです」とサマーズ氏は話す。

カエルとか蛇が毒を持つのは自分の身を守る為。人間が毒を吐くのも自分を守るため。
新種の毒ガエルを鳴き声で発見、ペルー

札幌市の換金屋と言えば換金くん!HPもチェック!!

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る