換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

元名大生側、無罪主張=女性殺害、同級生らにタリウム―責任能力が争点・名古屋地裁 「換金くん清田区北野店ブログ」

札幌市の換金屋と言えば、換金くん!!お気軽にご来店、お電話お待ちしております!

名古屋大の元女子学生(21)が知人女性を殺害し、劇物の硫酸タリウムを高校の同級生らに飲ませたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた事件の裁判員裁判の初公判が16日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)であり、弁護側は「精神障害の影響で責任能力はなかった」と無罪を主張した。
元学生はタリウム事件について殺意を否認し、女性殺害は認めた。

 事件当時未成年だった元学生の刑事責任能力の有無が主な争点となる。3月10日に結審し、判決は同24日の見通し。

 起訴状によると、元学生は仙台市の高校に通っていた2012年5~7月、同学年の生徒2人の飲み物に硫酸タリウムを混ぜて飲ませ、傷害を負わせたほか、名大1年だった14年12月に名古屋市のアパート自室で、知人の森外茂子さん=当時(77)=を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害したなどとされる。

 名古屋地検と名古屋家裁は、それぞれ精神鑑定を行い、いずれも責任能力があると判断。元学生は15年10月に起訴された。

 検察側は冒頭陳述で、元学生がタリウムを飲ませた同級生らの状況をメールのやりとりや会員制交流サイトで確認していたことや、14年11月に森さん殺害を決意したことを明らかにした。

 弁護側は、発達障害で他者の心情への想像や共感がなく、タリウムの中毒症状や人が死ぬ過程を観察することに「抑止力が全く働かなくなり、一直線に行動に移した」と説明。刑事責任は問えないとして、医療観察法に基づく処遇を求めた。

 審理は20回にわたり、13人が証人として出廷。タリウム中毒で視力低下などの障害が残ったとされる男性(20)が意見陳述する。最初の被告人質問は今月19日。 

恐ろしい事件だ。
元名大生側、無罪主張=女性殺害、同級生らにタリウム―責任能力が争点・名古屋地裁

札幌市の換金屋と言えば、断然換金率の良い換金くん!

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る