換金くんに問い合わせ

換金くんコンテンツ

店長ブログ

方言にまつわるおもしろエピソード集 「えらそう」の一言で離婚【換金くん札幌本店ブログ】

いろんな地域の人と話をすると気になるのが「方言」。「なんて言ってるの~!?」と全然理解できない言葉から使い方が微妙に違う言葉まで、日本語の豊かさには驚かされますよね。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「方言にまつわる面白いエピソードを聞かせてください」についてのQ&Aをご紹介します。

【今回の質問】
同じ土地に住む者同士であれば何ともない言葉でも、他地方出身の人間同士ではとたんに通じなくなる方言ですが、同時に面白い、また時には困った出来事が起こるのではないでしょうか? そういう話があればぜひ教えてください。

ネタ振りとして、まず私が知っている方言にまつわる笑い話を。岡山から旅行で東京に遊びに来たあるカップル。女性の名前は「けい子」といいました。電車の中で席が空いているのを見つけ、確保した彼氏が、大声で彼女に言いました。「けーこ、こけーけー!」(訳/けい子、ここへ来い!)。それをたまたま聞いていた子どもがお母さんに言いました。「ねえねえ、お母さん、あのお兄ちゃんニワトリになっちゃったよ!」(whiteholeさん)

【回答者さんたちからのお答え】
■ここにも鳥が!
こちらは福岡です。一般的に知られているのは「こん場所、とっとっと?」「うん。とっとっと!」……。鳥みたいですが、標準語に直すと「この場所は確保しているのですか?(取っているのですか?)」「ええ!確保しています(取っています)」とか。なんか書いてる私もニュアンス的にはわかるけど、標準語に直すと難しい……。
(nobutaさん)

西日本から九州にかけては、あちこちでニワトリが発生してるみたい!? 知らずに聞いていたら、ホント笑っちゃいそうですね。

■「一緒にしんで」!?
標準語の「一緒にしないでよ」を名古屋では「一緒にしんでよ」と言います。初めて聞いたときは「一緒に死んでよ」かと思い、仰天しました。
(noname#3546さん)

「一緒にしんでよ~」「……えっ!?」って感じだったんですかね。「死んでよ」だったら相当こわ~いですもんねぇ。

続いても「死」にまつわる方言!

■山口人と東京人のやりとりに爆笑
山口の人と東京の人の電話です(実話)
ツルルルルー、カチャ。
東京「〇〇さんいらっしゃいますか?」
山口「〇〇さん? ありゃあ、いんだでぇ」
東京「えっ!? いつ……」
山口「ついさっきじゃったよ」
東京「ええっ!? 今日話したばっかりだったのに……」
山口「もぅ、ほんまついさっきよ」
東京「亡くなったんですか……」
山口「ええ!? ……いんだって……カエッタノ! 帰ったの!(笑)」
山口では「いんだ」(帰った)「いぬる」(帰る)なんです。どちらも古い言葉ですが、「死んだ」に聞こえたらしいです。横で聞いてて大爆笑でした。
(noname#3116さん)

山口弁の「いんだ」が「死んだ」に聞こえたというお話。死んだのに「ついさっきじゃったよ」「もぅ、ほんまついさっきよ」とのんきに言ってる感じが笑えます~。

このように笑える話はいいけれど、続いては回答者さんの友人に起こったという、ちょっぴり怖い、ウソみたいなホントの話です!

■「えらそう」=「偉そう」で大げんか
名古屋出身の男性が横浜出身の女性と結婚し、横浜に住んでいました。

ある週末、女性の実家に遊びに行き、みんなで夕食を取ろうと予定していたのですが、女性のお兄さんが仕事で遅くなるということでしたので、お兄さん抜きで夕食を取っていたそうです。

そして夜中近くなってお兄さんが帰ってきて、あまりにもクタクタそうだったので、名古屋出身の男性は「お兄さん、えっらそうやなぁ」と言いました。お酒も入っていたので、多少投げ捨てた言い方だったとご想像ください。すると「お前は仕事でがんばってきた義兄に向かって、偉そうとは何だ!」とけんかになったそうです。「えらそう」というのは「疲れてそう」という意味。それがキッカケで離婚しました。方言の意味の行き違いで、男性とお兄さんがお互い譲らず、半年近く話し合いをしたのにも関わらずの結果です。

離婚した女性が友人なんですが、彼女は「ゼッタイ言葉で困らない人と
結婚しなきゃダメよ」って言ってます。
(Mackieさん)

えぇぇぇ! 「えらそう」の一言で離婚~? 話し合えば分かり合えそうだけど、ダメだったんですねぇ。

そうそう、この「体調が悪い」の表現は地域によってかなり違っていて、こんな勘違い話もありました。

■「身体が『こわい』」とは!?
北海道では、(身体が)「疲れた」「しんどい」というとき「こわい」と言います。

昔あるミュージシャンがラジオ番組で言っていた話です。その方が北海道にツアーに来ていて、地元のスタッフの方と話をしていて地元の方が「あ~こわい、こわい」と突然話の脈絡とは何ら関係なく言い出したので、「え? 何か『怖い』ことでもあったの?」と尋ねたそうです。「身体が『こわい』の」と答えたので、ますます混乱したそうです。
(hirohiroroさん)

「体調が悪い」=「こわい」と言うところもあるんですね。そのほか「しんどい」「だるい」「きつい」など各地でいろんな表現があるようです。

■「鍵かっといてね」

岐阜県の友人にドアを閉めた時に「鍵かっといて」と言われ、「何の鍵を買うの?」と聞いた事があります。岐阜では「鍵かっといて」は「鍵閉めといて」の意味だそうです。
(noname#3756さん)

岐阜では「鍵をかう」=「鍵をかける・閉める」なんですね~。

同じく「かう」の表現ではこんなお話も。

■「かって来て」は「買いに行くな」!?
兵庫県と香川県に属する瀬戸内の離島独特の方言(だと思う)ですが、このあたりで「○○をかって来て」というのは「借りて来て」という意味です。買って来ないでくださいね(笑)。「買(こ)うて来て」と言われたら買ってきてください。
(mamokaさん)

「かって来て」は「借りて来て」、「買(こ)うて来て」が「買って来て」なんですね。これはちょっと難しい~。絶対買ってきちゃう!

■「ごみをなげて来て」
私は東北人です。ごみを「捨てる」ことを「なげる」というのですが……。小学生のころ、神奈川から女の子が転校してきました。先生が「○×
さん、ごみをなげて来てください」とその子に言い、見事にごみ箱をぶちまけたことがありました。
(uhyohyohyoさん)

ほかの回答を見ると、北海道でも「捨てる」を「なげる」と言うようなのですが、全国的には「ごみをなげて来てください」と言われたら、ぶちまけちゃう人が多いのではないでしょうか。転校生の子もビックリしたでしょうね~。

■「なおす」は「直す」ではない
関西では「なおしといて」と言うと「格納する」「片付ける」といった意味合いがあるのですが、通じない地方で言うと「修理する」といった意味にとられるので、例としてウオークマンを使用して「これ、なおしといて」と言うと、「落として壊したのか、直すなんてできないよ」と話のかみ合わない、ボケた会話になったりしますが。
(arumagiroさん)

関西では「なおす」=「直す」ではないということですね。

そんな関西では「殴る」ことを「どつく」と言いますが、関西の人との会話で、こんなやりとりがあったそうです。

■山登りでどつかれた!?

愛知県の東三河地方では、「ど~」という表現をよく使います。

「どいや」→「とってもいや」。「どいい」→「とってもいい」。「どったるい」→「とっても面倒くさい」などなど。

この中の一つを関西の人に使ったときの会話です。
「あ~あ、今日の山登り、どつかれたねえ。」
「誰に?」
「????」
(papaalphaさん)

「ど○○」は「とっても」という意味なので、東三河地方の人の「どつかれた」は「とっても疲れた」。だけど関西では「誰かにどつかれたの?」と勘違いされてしまうというわけですね。

同じ「どつかれる」でもこれだけ違うというお話ですが、最後も「ある言葉」の地域差がすごいという例です。

■すごい「あっぱ」
東京から彼女を連れてきたA君、「新潟じゃ、ごちそうのことを『あっぱ』って言うんだよ」。それを聞いた彼女。A君のお母さんが作ってくれた夕食を前にして「うわぁ、すごいあっぱですねー!」お母さんの顔から笑顔が消えました。……「あっぱ」は、実は「大便」「うんこ」のことです(汚い話でゴメンナサイ)。
(naoko33さん)

新潟では「あっぱ」=「うんこ」なんですねぇ。この彼女「ちょっとA君、ひどい~」ってならなかったかしら。

その「あっぱ」ですが、青森の津軽では全く別の意味になるそうです。

■「あっぱてどー」は紳士の言葉!?
「あっぱ」は、津軽弁では「主婦」「奥さん」のことです。「いのあっぱ」=「家のかみさん」コロンボの口癖です。

では「あっぱてどー」は? 「あっぱ」は「奥さん」、「て」は「手」、「どー」は「どーぞ」、エレガンスに「奥様、お手をどうぞ」の津軽弁。
(kitakanjinさん)

「あっぱてどー」=「奥様、お手をどうぞ」って全然分かんないよ~。でも同じワードで「うんこ」と「奥さん」って、この違いはすごいですねぇ。

ちなみに記者の場合、関西で過ごした大学時代、喫茶店でバイトをしていて「レイコーちょうだい」と言われて、なんのことだか分からず困ったことがありました。「レイコー(冷コー)」=「アイスコーヒー」のことです~。

それにしても、方言については爆笑したり戸惑ったり怒ったり、面白話が尽きませんね~。説明すれば分かり合えることがほとんどですが、なかには方言が原因で離婚しちゃったという話もありましたから、時と場合によっては配慮が必要なようです。

Pouch読者の皆さんは、方言で笑っちゃったことや、困ったことはありますか?

参照元:教えて! goo 「方言にまつわる面白いエピソードを聞かせてください」

ここで、名古屋→北海道移住組の私が北海道に来てから覚えた素敵な北海道弁ランキング、堂々の1位は「ぼっこ(棒)」です。そして、ついに北海道弁を使ってしまいそうになったタイミングは「手袋を履く」です。

方言にまつわるおもしろエピソード集 「えらそう」の一言で離婚

換金くんの店舗案内

換金くんは札幌市内に3店舗。年中無休で営業しています。駅近の店舗や無料駐車場を完備した店舗もございます。
またお電話いただければお近くの店舗をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

  • 札幌本店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年中無休)
    電話番号
    011-232-3577

    〒060-0062
    札幌市中央区南2条西1丁目2-1 深山パーキングビルB1F(旧:第75松井ビル)

    大通り駅36番出口 徒歩1分。駅から約120メートル。北専ビル隣の立体駐車場のB1Fです。

    更に詳しく見る

  • 琴似店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-616-3333

    〒063-0849
    札幌市西区八軒9条西1丁目1-1森本ビル1F(琴似栄町通沿い)

    無料駐車場完備!八軒駅徒歩6分!

    更に詳しく見る

  • 清田区北野店

    営業時間
    10:00~19:00
    (年末年始以外無休)
    電話番号
    011-375-8828

    〒004-0863
    札幌市清田区北野3条2丁目13-65 シンエイビル2F(清田通と北野通の交差点)

    無料駐車場完備!清田通と北野通の交差点、100円ショップのダイソーさんが入っているシンエイビルの2Fです。

    更に詳しく見る